商品情報

家庭用燃料電池 エネファーム

エネファームとは?
水素と酸素を結合させ電気をつくりだします。
 水の電気分解は電気エネルギーを使って自然には起こらない化学反応(水素と酸素の分離)を起こさせるしくみです。一方、燃料電池はその逆の反応(水素と酸素の結合)を利用して電気エネルギーを取り出す装置です。つまり、水素と酸素を用意してあげれば自然に結合して電気(同時に熱)が生まれるしくみです。でも、水素は自然界に単独で存在していないためどこからか取り出してこなければなりません。それがLPガスです。LPガスは水素をたくさん持った化合物で効率的に水素を取り出すことができるのです。


エネファームでできることは?
1台で発電・給湯・お風呂・暖房すべてOK
 エネファームはマイホーム発電で電気をつくることができるほか、従来の給湯器のようにキッチンやシャワーでお湯が使え、お湯張りもワンタッチ。さらに、バックアップ給湯器が内蔵されているので、温水床暖房やミスとサウナ浴室暖房乾燥機など家じゅうに温水設備を設置することができます。


マイホーム発電のメリット
無駄をなくすのがマイホーム発電
 マイホーム発電のメリットは、電気を使うその場所でつくることによってエネルギーを無駄にせず上手に利用することができる点です。電力会社でつくる電気は、発電時の排熱や送電ロスなどで約60%も無駄にしています。これをマイホーム発電にすることにより、送電ロスがなくなり、発電時の熱もお湯づくりに効率的に活用できます。結果としてエネルギーロスを約25%にまで抑えることができます。


効率的だからCO2の排出量も軽減
 エネルギーを無駄なく効率的に利用すること、LPガスならではのクリーン性、LPガスを燃やさず利用する燃料電池ならではの原理から、エネファームは従来の発電システムに比べて大幅にCO2排出量を削減できます。その量は、年間で1.3トン。約2,800m2のブナの森が1年間に吸収できるCO2に相当します。


W発電で、電気代ゼロ住宅
 CO2の排出量がもっとも少なく、いま環境にもっともやさしいダブル発電。
太陽光発電にエネファームを組み合わせることで、買電料がさらに抑えられます。


燃料電池エネファームの商品紹介はこちら