LPガスについて
contents

LPガスとは?
LPガスとはLPガスの種類LPガスの重量LPガスの性質LPガスのにおいLPガスのよいところ


LPガスとは
 LPガス(LPG)とは、Liquefied(液化) Petroleum(石油) Gas(ガス)の頭文字をとった液化石油ガスの略称で、プロパン(C3H8)とブタン(C4H10)を主成分とする炭素と水素の化合物です。


LPガスの種類
 家庭で使われているLPガスの主成分は、プロパン(C3H8)がもっとも多くなっています。このためLPガスはプロパンガスとも呼ばれています。
また、ガスライターの中に入っている液体はブタン(C4H10)と呼ばれる成分で、LPガスの一種です。LPガスは、液体にすると気体の時の体積の約250分の1になるという特徴がありますので、液体のまま家庭、商店、LPガス自動車、工場等に運び、気体にして利用します。また、カセットボンベ、ライター、スプレーなどにも、持ち運びに便利な特性が活かされています。


LPガスの重量
 気体のLPガスは空気より重く、空気の1.5〜2倍の重さになっています(100%プロパンの場合、15℃・1気圧で1.865kg/m3)。そのため、家庭などでLPガスが漏れた時は、床面をはうように広がり、低い場所にたまる性質があります。いっぽう、都市ガスは空気より軽く、漏れた場合は天井の方へたまっていく性質があります。


LPガスのにおい
 LPガスは本来においがありませんが、ガス漏れに気づくように、タマネギの腐ったようなにおいをつけています。このにおいの成分は、ガスが燃焼すると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限りはにおうことはありません。


LPガスのよいところ
 クリーンエネルギーとしてLPガスのすぐれている点は、次の通りです。
【1】 燃焼による排ガス中のCO2量は、石油や石炭に比べて非常に少ない
【2】 LPガスには硫黄分の含有量がほとんどなく、窒素も含まれていない
【3】 ススや灰分を出さない
【4】 オゾン層破壊の心配がない
 またLPガスは、体積あたりの総発熱量が天然ガスに比べるとプロパンは約2.5倍、ブタンは約3.3倍と非常に高く環境によいことと併せハイパワーで高品質なガス体エネルギーなのです。
「環境への負荷が小さく、都市ガス(13A天然ガス)に比べカロリーが高い」